1. TOP >
  2. 内池のコラム >
  3. 哲学⑦ 自らが動く
哲学

内池建設サイト更新担当

哲学⑦ 自らが動く

早いもので新入社員を迎える季節になりました。

ということで

新入社員研修でも学んだ

哲学紹介

 

7回目の今回は

『自らが動く』

です。

 

『自らが動く』

 

「こうすればもっと良くなるのに」

と第三者的な視点で発言する声を聞くことがあります。

他部署のことだから

会社の決めたことだから

と考え愚痴に似た思いだけで

行動しないのであれば何も生み出しません。

同じ理念を共にする組織である以上

理念達成に向けての変革を思いついたのであれば動くべきです。

“常に変革していく”

という根本の精神を忘れないでください。

気づいたあなたが始めてください。

他の人が協力的でないとしても

それは関係のない話であり

動く必要性を感じた自らが動き変革を導く必要があるのです。

 

とあります。

 

哲学の中でも非常に難しい考えの一つだと思います。

ではイメージ動画をこちら

 

 https://www.youtube.com/watch?v=OVfSaoT9mEM

 

どうでしょ?

わかりにくいかもしれませんが

最初の裸の男

最初のフォロワーがいなければ

動かなければ

ただの変な男です。

ひょっとした捕まってしまうかもしれないくらいの・・・

 

裸の男が社長としたならば

社長をただのバカな男にするか

強烈なリーダーにするかは

最初のフォロワーの

『動き』

で左右されるということです。

 

 最初に動くことは大変勇気が必要なことです。

責任も求められるでしょう。

しかし、自らが動くとは

動画で感じていただいただけの

インパクト、ムーブメント、感動を起こすことができるのです。

 

 

だからこそ

『自らが動く』

ことの重要性をここで理解していただきたい

と思った訳でございます。

 

 

そんな想いを語って

7回目の哲学説明を終了致します。

 

著者:内池建設サイト更新担当

本コラムは、住まいづくりと不動産に関わるみなさんへお役立ち情報をできるだけわかりやすく更新しています。

こんな記事も読まれています: