1. TOP >
  2. 内池のコラム >
  3. 妄想不動産
妄想不動産
くにひこ

くにひこ

妄想不動産

前号の妄想不動産に掲載した絶景の土地がおかげさまで売れました。今年の夏頃には素敵なおうちが完成する予定です。

あのとき妄想した建物は跡形も無く、社内のちゃんとした設計の人が、お客様のご要望と、構造的、法的な基準とをクリアさせた完全に素敵なおうちが、建ちます。

完成したら公開するらしいので是非いらしてください。

次に紹介するのは当社が保有する謎の売地2物件の一つ、「白鳥台の97坪10万円」です。

室蘭には白鳥台という1960年代に開発された約55万坪もの広大なニュータウンがあります。宅地や団地が連なるとある一角に、97坪の平らな空白地を売地として保有しているのですが一向に売れません。なぜだろう。


現地に行ってみると理由がわかります。道路に沿って一面ぞびえたつ擁壁。朽ち果てた階段は約15段。あれ、元々何か建ってたの?売り地となった経緯は分かりません、いつから、なぜ、どうして。。こみ上げてくるものは飲み込んでオトナは売る方法だけを考えます。

きっと長らくお問い合わせもないもんだから歴代の担当者から徐々に忘れられ、必要な情報や売値すらも何処へ。なんだか可哀想になってきたので10万円にしました。坪単価1,031円。

しばらく広告にも載せて様子を見ましたが、反応といえば「事故物件ですか」の一言。同情心が裏目に出ましたね。駐車場を掘る費用を想って売値を抑えただけなのによ。

売り地10万円

しかし一旦下げた値段はもう上げられません。最後の砦の妄想不動産で、架空の建物を乗せてあげることにしました。前回同様、建物は素人の私が考えた決して作ってはいけない、世の何をもクリアしていない建物です。

駐車場はどうしても必要なので擁壁は掘ります。でも、掘ったって結局15段登るのが途端に面倒に思えたので、家のサイズごと掘ろうと思います。建物ごと全部埋めることにしました。
普通の間取りすら考えることが出来ない私は、何かモチーフを探して間取りをはめ込むことにします。何が良いかな、、そう考えると、ここが白鳥台なのだということを建物の中でも表現したくなりました。

~~~~~~~地形について~~~~~~~
室蘭市民ですが、白鳥台へ行く機会が少ない私はよくこの街で迷います。決して方向音痴ではないのですが、ひどい時は来た道を帰ることすら出来ません。だから市内なのにナビを使います。今も。

会社に戻り地図を見ると、そりゃ迷うわな、となるわけです。碁盤の目とか左右対称とか完全無視。この道はきっとここに繋がるだろうな、なんて甘い予想は通用しない独特な街づくり。

<白鳥台> 印刷して色鉛筆でなぞりたくなる道路。

白鳥台の道路!

1960年代、増大する人口のうち24000人を入居させようと開発された白鳥台ニュータウン。

都市計画は戦後日本の都市計画学創始者の故 高山栄華東大名誉教授、そして都市の設計は北大名誉教授の太田実 とのことです。

それぞれの御名前をwikipediaで調べるといかに偉大かがよく分かります。そんな大物がなぜ。

複雑な地形のせいでもあるでしょうが他にない街を創ろうとしたのではないでしょうか。今はどこへ行っても同じ景色と店舗が並ぶ街ばかりなので色々考えさせられます。

そう思いながら間取りになりそうなエリアないかなーと眺めて、いいところ見つけました。2丁目エリア。道路をなぞったら28坪くらいの平屋が完成。

擁壁 in the house いや、house in the 擁壁。白鳥台 in 白鳥台。この町はクリエイティブです。

 

<ここ> 白鳥台2丁目エリアの道路をなぞって

 白鳥台03

<なぜか裏返して> 壁つくったら

白鳥台05

<家完成> 平屋28坪

白鳥台02

 <まるで地下基地>

 白鳥台06

 売地情報はこちらをクリック⇒ 白鳥台10万円

くにひこ
著者:くにひこ

本コラムは、住まいづくりと不動産に関わるみなさんへお役立ち情報をできるだけわかりやすく更新しています。

こんな記事も読まれています: