1. TOP >
  2. 内池のコラム >
  3. 哲学⑥ 情熱が成功へとつながる
哲学
編集長

編集長

哲学⑥ 情熱が成功へとつながる

かなりご無沙汰してしまいました。

 

哲学紹介

 

6回目の今回は

『情熱が成功へとつながる』

です。

 

『情熱が成功へとつながる』

 

情熱と呼べるほどの強い思いさえあれば、

何事もやり遂げることができます。

何かを成し遂げようとすれば、様々な要素が必要となってきます。

人との出会い、アイディア、時には資金もいるのかもしれません。

それらを引き寄せるのが「情熱」なのだと思います。

自分自身の成功への情熱と呼べるほどの強い思いが、成功への鍵なのです。

そして情熱は、持って生まれた才能や容姿などに関係なく、

自分次第で誰しも平等に大きく育てていくことができるものです。

情熱をもって進む道にどんな苦難があっても、忍べるし、悔いは生まれないものです。

 

とあります。

 

 情熱と聞くと

。。。

情熱2

 

こんな感じでしょうか?

古い???

 

実は私12年経営者やってます。

この12年かけて継続して持ち続けた想いがありました。

情熱を傾けたと言っていいと思います。

 

それは

『尖った武器』

を創るということです。

 

尖った武器とは?

武器

ドラクエ的に言えばこんな感じ

 

内池建設としては

他社に真似できない事業を創るということです。

真似できないとは

差別化されている、価格競争に巻き込まれない、その事業において圧倒的

そんな事業です。

 

そんな想いで創った事業は

今も活躍してくれている

HC事業(住宅)、EI事業(改修)、不動産事業

もあれば

もう跡形もなくなった事業も数多くあります。

 

個性をいろいろ出しても

結局、価格競争に巻き込まれてしまう。

収益を上げられる事業に育ったとしても

差別化されている、価格競争に巻き込まれない、その事業において圧倒的

真似できない

というところまでは行きつけていません。

正直、建築事業では難しいと思い

EC事業に手を出し、ひどい目にあったこともあります(涙)。

 

 

しかし諦めず何度も何度も事業を創ることに専念しました。

何やってるんだという目で見ていた人もいると思います。

 

上記に

『情熱をもって進む道にどんな苦難があっても、忍べるし、悔いは生まれないものです。』

とありますが

本気でそんな気持ちです。

この情熱を持続できる理由は

多分、夢があり、使命感があったからだと思います。

 

そして

今情熱を傾けている事業が

LOGO.JP

 

https://www.senryakusouko.com/

です。

そして、今までにない手応えを得ています。

成功とまでは

当然まだまだ言えませんが

継続し続けた結果の今だと思っています。

 

情熱があるから成功するとは限りませんが

成功するには情熱が必要だと思っています。

 

ちなみに既存事業である

HC、EI、不動産

どの事業も弊社にとって大切な武器であり

これからまだまだ尖らせることに情熱を傾けていきます!

 

そんな想いを語って

6回目の哲学説明を終了致します。

 

編集長
著者:編集長

本コラムは、住まいづくりと不動産に関わるみなさんへお役立ち情報をできるだけわかりやすく更新しています。

こんな記事も読まれています: