1. TOP >
  2. 内池のコラム >
  3. そしてロゴもキャッチも変わりました(全6回シリーズ)第3話
ブログロゴもキャッチも変わりました~FUN & Build~

内池建設サイト更新担当

そしてロゴもキャッチも変わりました(全6回シリーズ)第3話

【第3話・株式会社I-PROさん訪問企画】 クリエイティブの制作過程が垣間見えます。

 (ちなみに第2話はこちら

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


インタビュアー佐々木)以下、S

  「今回の提案には何時間くらいかかったのですか」

 

伊藤部長)以下、I

 「けっこうすぐ出来ましたよ。」

 

S) 「すべておひとりで? さすが、できる人は仕事も早いですね!」

I)   「私のほかにカラーコーディネーター、コピーライター、

 デザイナーなどが集まって案を出しあいました。色んな案が出ましたよ。」

 

*こんな素晴らしい経歴をもっていらっしゃる方々が携わってくれました!

team

 

S)   「ボツ案も色々あったのですか?」

 

I)   「はい、色々案はでましたので。

以前、内池社長が”チーム”という言葉を使っていたのを覚えていて

”Team UCHIIKE” というフレーズなんかも面白いと思いましたよ。」

 

IMG_1902IMG_1904IMG_1905

 

S)  「FUN&BUILDもこういうところから?」

 

I)   「個人的にTOYOTA社のキャンペーンに使われている言葉も気に入っていて

 ほかにもいろんな分野からインスピレーションを受けるなかで

 従来の”建築を楽しむ”という流れも含め、これがベストなフレーズだと思いました。」

 

S)   「ところで伊藤さんが今FUNなのは何かありますか?

   クリエイティブな発想の源になるもの、と言いますか。」

I)   「今は、清少納言にはまっていますね。枕草子。日本の美意識を感じられますよ。」

 

S)   「まさかの、枕草子ですね。古典に戻るわけですか。」

 

 

建築を楽しむ会社」から「FUN&BUILD」への転換は、”自分達が楽しむ”から

”みんなが楽しい” へ変わったのかな、と。

そしてプロジェクトに関わっている方々の実績や多様な知識、経験を基に

ひとつのロゴやデザインが成り立っていると思うと、より “をかし” ですね。

今旨い事言ってますよ。わたし。

 

 

S)   「本日はお忙しいなか、有難うございました。」


I)   「どういたしまして。

  最後に、ずっと裸足で取材してくだしましたが、ここは土足で大丈夫ですよ。

  この床の木目とカーペットの段差は土足と裸足OKの境目ではないんです。」

 

最後の最後にドキドキさせるのもクリエイティブな仕事の大事な要素です。

 

*まとめ


新しいロゴとキャッチフレーズは、こうして出来上がりました。

 

1142_pic_05

 

 

デザインを実際に作成された方にその背景や想いを伺う事で

ロゴがより身近な存在に、そしてキャッチフレーズの言葉をもっと意識して仕事をしなくては!

と思うのです。

 


すべてのお客様と共にFUN&BUILDを。

 

なんて事を頭に浮かべながら

 

 

...「FUN」

 

 

自分たちは仕事を楽しんいるのでしょうか。

 


そもそも「仕事が楽しい」って一体?


次にうかがった「ノースユナイテッド社のチーズ工場」でも


そんな話に遭遇しました。

 

 

第3話ここまで

次回、場面は変わり 日本でいま一番アツいチーズ工場でイタリアの方々と触れ合ってきました!

第4話へつづく

著者:内池建設サイト更新担当

本コラムは、住まいづくりと不動産に関わるみなさんへお役立ち情報をできるだけわかりやすく更新しています。

こんな記事も読まれています: