1. TOP >
  2. 内池のコラム >
  3. ニュー・タウン■旧武揚小学校の跡地活用(その1)
House Creationお知らせ

内池建設サイト更新担当

ニュー・タウン■旧武揚小学校の跡地活用(その1)

「想像以上の将来性のあるまちづくりが見込める提案内容」

報道によると、審査員のおひとりからそう評価頂いたニュータウンの計画

スタートラインに立つことができました。

室蘭市の西側に位置する旧・武揚小学校の跡地をどのように活用したらよいか、

公募型プロポーザル方式という形で室蘭市が公募をおこない、

私たち内池建設のほか川田建設工業様、住まいのウチイケ様、宇佐美建設様

各社JVとして提案をさせて頂き、2015/8/10 競合の末に優先交渉権を獲得いたしました。

 

室蘭、特に今回の地区は広範に人口減少、高齢化が進み、だからこそ108才の小学校が今春に”跡地” となりました。

そこに分譲地を造るというお題。

 

分譲地、”ニュータウン”という古くからあるイメージを持っていると”お題”は逆説的で難問に感じます。

その難しさに気付かないようにするのか、気付いてもそれと無関係に進むのか、それもいっそ解決する方法を考えるのか

最初のこの話を聞き、参加の意思を固めるまでに少し時間が必要だったのは

3つある立ち位置、どこに立てるのか悩んだからと今は思います。

 

結果、一番最後の立ち位置を自分達は選べる と信じることになるのですが

こういう場合はたいていキッカケになる出会いとそこで生まれるヒントがあります。

人口が減る中で、高齢化が進む中でも、それでも造れる”ニュー”タウン。街にとって意義のある”ニュー”タウン。

今回のプレゼンテーションの内容を前段の出会いを交えながら少し紹介していこうと思います。

最終的には来春オープンに向けたニュータウンの全体像が紹介できるような構成で進みますので

ここから数か月お付きあいください。

 <次項へつづく>

map_0805chilt

著者:内池建設サイト更新担当

本コラムは、住まいづくりと不動産に関わるみなさんへお役立ち情報をできるだけわかりやすく更新しています。

こんな記事も読まれています: