現場監督 白瀬 樹 Tatsuki Shirase

INTERVIEW

現場監督

白瀬 樹

Tatsuki Shirase

自分の性格
素直
休日の楽しみ
家でのんびりする
好きな食べもの
からあげ、とうふ
資 格
2級建築士、
2級施工管理技士

1日の仕事の流れ

8:00
ラジオ体操・朝礼・KY確認・安全点検
9:00
現場巡回
10:00
別現場移動
11:00
現場巡回
12:00
昼休み
13:00
現場書類・見積等事務作業
15:00
翌日作業打合せ
16:00
現場巡回
17:00
退社

仕事内容の紹介

施工管理の仕事に携わっています。施工管理とは、建設工事の現場技術者の指揮監督をし、工事全体を管理することです。工期の延期や予算オーバー、事故などが発生しないよう、工事全体をまとめて進捗させる業務を行います。また、書類作成などのデスクワークや役所への書類手続き、設計者や業者との打ち合わせも業務範囲内です。さらに、請負工事の現場代理人として工事依頼主への対応も行います。お客様より直接工事のご相談を頂き、お見積り作成から契約、工事お引き渡しまで、一連の流れを対応させていただくこともあります。

入社のきっかけ

高校生の進路選択の時、これが一番やりたい!という仕事がありませんでした。ただ、大人になったら自分で自分の家を建てたいという思いがあった為、この建築の道を選び、色々な経験をしてみたかったので、業務内容の幅が一番広い施工管理を履修しました。その後、合同企業説明会に参加し、その中で一番勢いと熱を感じたのが内池建設の社長で、この会社に入社しました。

この仕事の魅力を
教えてください

お客様の役に立てたことを実感しやすい仕事だと思います。新築の建物の建設工事だけでなく、ちょっとした雨漏りで屋根の修理工事をした時でも、お客様の暮らしが目に見えて改善されたことがわかるからです。また、お引き渡しに立ち会うことができるので、お客様より直接、ありがとうございましたと感謝の言葉を頂くことができます。この瞬間が仕事をしていて一番うれしい瞬間です。施工後にお客様が快適に過ごすことができる仕事をする。こういった信念を強く持てば持つほど仕事にやりがいを感じ、お引き渡し後、実際にお客様が利用されているところを見て達成感を感じることができるのだと思います。

入社後成長したと
感じたことは?

プレッシャーを感じつつも、同時にやりがいを感じることができるようになった時です。入社3~4年目の頃は、お客様より直接お仕事の相談を受け、お見積りを作るということに強くプレッシャーを感じていました。しかしある時、いつも助かります白瀬さん。とお客様に言われた時に、頼りにされていることに気づき、それをうれしく感じました。それからは、私に直接お見積り依頼が届いた時などはお客様に頼りにされていることを実感しつつ、どうすれば品質的にもコスト的にもより良いものを提供できるか。考え、悩みながらも仕事にやりがいを感じるようになっていました。

内池建設へ就職を希望される方へ
メッセージをお願いします。

内池建設は、時代において行かれることは絶対にない会社です。弊社は時代の流れ・変化に積極的に対応しお客様のニーズに答え続けることができている会社です。働き方改革に伴い、私が入社した5年前に比べて残業が減り、賃金は引き上げられました。年々、社員の働く環境が改善されています。また、新しい事業戦略を次々と打ち出し、成果を上げている会社です。会社と一緒に、社員と一緒に成長しませんか。内池社員一同でお待ちしております。

インタビュー

2021年12月現在