1. TOP >
  2. 内池のコラム >
  3. 鉄の話⑥
鉄の話
編集長

編集長

鉄の話⑥

コスト、工期と語ってきた鉄の話

本日は鉄の品質について

 

普通にお客様が求める3要素

値段 工期 品質

その品質ですが。。。

 

WN7T0033

WN7T0072

009 イートイン

008 売り場

そうなんです

構造材である鉄は

出来上がると基本見えないのです(汗)。

ゆえに品質と言われても同じでしょ!

と思われている方がほとんどですが

明確な違いが鉄を制作する鉄工所にあります。

鉄工所のランクです。

牛

写真は

決算時に過去最高更新を記念し

全社員に贈呈された松坂牛

A5ランクです。

牛のランクは普及していますが

実は鉄工所にも同じようなランクがあるのです!

 

 

グレード

ランクは5つ

5年に一度、一定の基準を満たしているか審査が行われます。

工場の面積や重機の数、技術者の人数から

受注状況、経営状況まで考慮されるそうです。

 

グレードが高い工場ほど品質も高くなると言えますが

その品質体制づくりの経費も掛かるので値段も高くなると言えます。

 

ちなみに北海道の鉄工所はHグレードが最高です。

 

鉄骨の品質

工場のランクの違いで耐震性が変わるとか、揺れ方が変わるとか、原価償却が短くなるとか

ないです(多分)!

ゆえに

あまり話題になることは正直ありませんが

実はしっかり分かれていて

それなりにコストにも影響しているというお話でした~

 

 

 

 

編集長
著者:編集長

本コラムは、住まいづくりと不動産に関わるみなさんへお役立ち情報をできるだけわかりやすく更新しています。

こんな記事も読まれています: