1. TOP >
  2. 内池のコラム >
  3. 建さんのほろ酔いカクテル入門 第9夜
ストーリー
愛酒家 建

愛酒家 建

建さんのほろ酔いカクテル入門 第9夜

****************************************

建設会社に勤めるサラリーマンの建さんが、自宅のご近所にあるカクテルバーでマスター相手に夜な夜なカクテル談義。

****************************************

 

第9夜「サイド・カー:逃走者のカクテル」

 

室蘭市内のとあるカクテルバーのカウンター。20時。

 

建さん:「また来ちゃいました」

マスター:「いらっしゃいませ」

 

(店の窓から外を眺めながら)

建さん:「GWを過ぎて、また陽が長くなってきたし、暖かくなってきたねぇ。暖かくなるにつれて、建設現場のピッチも上がってきたような気がするよ」

マスター:「そうですね、隣の公園の早咲きの桜もすっかり散ってしまいましたね」

建さん:「とはいえ、また急に寒くなったりするし、殊に1日の寒暖の差が激しいので、体調管理が大変だよ。今晩も昼間に比べるとだいぶ冷え込んできたし、身体が温まるカクテルにしようかな。ブランディベースので、お願いします」

マスター:「承りました」

 

KIMG0172

 

マスター:「サイド・カーになります」

建さん:「お、ブランディベースのカクテルの本命だね。レモンジュースの酸味とブランディの甘さがうまく調和して、飲みやすいカクテルだね。それにしても、サイド・カーとは、ずいぶんカクテルとは縁遠い名前だねえ」

マスター:「由来は諸説あるようですが、有名なのは3つですね。

サイド・カー付の二輪車が事故にあうと、運転者が本能的に自分を庇うためサイド・カーに乗っている人が重傷になりやすいと言われていますが、このカクテルが生まれた時期は、サイド・カーに女性が乗ることが多かったようなのです。そこでサイド・カーには『女殺し(Lady・Killer)』という物騒なあだ名がつけられていたのですが、このカクテルも、建さんのおっしゃる通り飲みやすい割に、アルコール度数が21度から30度と高めで、男性と同伴でバーに来店された女性のお客様が、つい飲みすぎて酔いつぶれてしまうことから、このカクテルにも「女殺し=サイド・カー」の名が冠されたという説が一つ」

建さん:「その説は、シャレが効きすぎて、酔いがさめるよ。女殺し、なんて血なまぐさいし、カクテルの嗜み方としても品がなくていやだな。それに、サイド・カー付のオートバイって、もっと優雅な乗り物のイメージもあるし、あんまりいただけないね」

 

マスター:「二つ目の説は、このカクテルが登場した第一次世界大戦のさなか、敵兵の追跡を受けていたフランス兵がサイド・カー付のオートバイに乗って逃走中に、追われることの恐怖を紛らせるために、レモンをかじりながらキュラソーブランディを飲み続けた、という逸話から生まれたものです」

建さん:「ほう、この説はカッコいいなー。ストーリーがあっていいね。サイド・カーに放り込んだ黄色いレモンとキュラソーブランディの酒瓶、そして恐怖と戦いながらオートバイを疾走させる兵士の必死の形相が目に浮かぶようだ。断固こちらの説を支持したいね」

 

マスター:「(苦笑しながら)一番それらしい説は、このカクテルのレシピを考案したバーテンダーの店の常連客の将校が、いつもサイド・カー付のオートバイに乗って来店していた、という説です」

建さん:「これはまた…つまらない由来だなあ(笑)でも、案外、ここら辺が落としどころかもしれないねえ」

 

マスター:「このサイド・カーの派生カクテルもありますが、お代りにいかがです?」

建さん:「商売上手だな(笑)じゃあ、それお代り」

 

KIMG0166

 

マスター:「こちらになります」

建さん:「(一口含んで)これはまた、一層飲みやすい!リンゴの味と香りがさわやかだねえ」

マスター:「カルヴァドス(calvados)というアップルブランディの一種をベースにした『アップル・カー』というカクテルです」

建さん:「わかりやすい、というか、そのまんまのネーミングじゃないの(笑)」

 

(続く)

 

愛酒家 建
著者:愛酒家 建

本コラムは、住まいづくりと不動産に関わるみなさんへお役立ち情報をできるだけわかりやすく更新しています。

こんな記事も読まれています: