1. TOP >
  2. 内池のコラム >
  3. 鉄の話④
鉄の話
編集長

編集長

鉄の話④

鉄の話

3回目に続きコストのお話です。

前回、説明させていただきましたが

鉄骨は価格変動はすごいが実は今の相場は

41年前とそれほど変わらず

むしろ世間のインフレ率から言うと安いくらい!

という結論(持論で責任は取りません)でした。

 

・・・

これは材料の話

 

前回お話した通り

コストを決める最大の要素は

材料費と工数(人工×日数)

です!

鉄工所

運搬

鉄骨建て方

・・・

そうなんです

当たり前ですが鉄骨が建つまでには

多くの人が関わるのです!

 

で気になるのは

 

人工と材料

その比率は?

 

ここは弊社最強の見積り集団を束ねている

M河さんに聞いてみました。

mikawa

 

私:鉄骨造の人工と材料の割合を知りたいのですが

 

M:だいたい鉄骨材料相場の3倍くらいが見積りの金額になるから

 材料は3~4割くらいでは?

 

私:そんな訳ないでしょ!どうみても材料の方が高いはず!

 材料7割、下手したら9割が材料費でしょ!

 

M:そんな極端な訳ないです!

 

私:いやいや、どうみても材料費が高い

 

M:根拠あるんですか?

 

私:ない!情報発信としてそっちの方が好都合であり

 その結論で情報発信したいから

 

M:そんな訳ないけどな~

 

私:ではMさんが9割材料費ですっと言ったと書きますね

 

M:いやいや待って

 では忙しいけど計算してみます

 

・・・少々時間経過後

 

M:実物件で計算しましたが

 私が言った通り、材料は3~4割でした

 

私:・・・

 

M:忙しいので、もういいですか

 

私:ありがとうございました

 

 

ということで

鉄骨造は決して高くない!

という結論で終わりたかった4回目

 

 

鉄骨材料がたとえそんなに価格変動していなくても

人件費の割合が大きい分、高くなってしまう。

コスト面では決して他の構造と比べて

優位性が高いという訳ではないという結論となりました。

 

・・・

ありがとうございました。

編集長
著者:編集長

本コラムは、住まいづくりと不動産に関わるみなさんへお役立ち情報をできるだけわかりやすく更新しています。

こんな記事も読まれています: