1. TOP >
  2. 内池のコラム >
  3. 鉄のお話③
鉄の話
編集長

編集長

鉄のお話③

鉄のお話、早くも3回目。

今回はコストについてのお話をさせていただきます。

というのも

 

 総裁

 

『物価上昇目標2%!』

っと掲げて早数年。。。

その実現がまだ出来ていないと言われていますが

あくまで勝手な持論で責任を取らないレベルでお伝えしますと

建築単価は2%なんて余裕で上昇しています!っと感じています。

なぜ2%で困っているのかわからないくらい上がっている印象(責任は取りません)です。

 

恐ろしいのは

建築のプロでさえ、その適正価格がわからなくなっており

改めて一番重要な要素であるコストについて考えてみます。

 

まず、前回ご紹介したどんな構造でも

コストを決める最大の要素は

材料費と工数(人工×日数)

です!

 

・・・なるほど、っとわかる人はここですぐわかります。

巷でよく言われている人手不足。

当然、建設業も人手不足です。

金額は需給のバランスで決まりますので

当然値上がり要因となります。

ただ人工がかかるのは

どの構造も一緒です。

 

では材料は・・・

 

これが鉄骨造の最大の特徴の一つですが

材料価格の変動がやたらに大きい!

こちらの表はH型鋼の1974年からの価格推移表

産業新聞WEB版からデータいただきました。

Hgata

 少々わかりにくいと思いますが

一番古いデータで

1974年1月 73千円/トン

最新で

2018年1月 80千円/トン

最高で

2008年9月 127千円/トン

最低で

1999年5月 30千円/トン

私の生まれた月で

1976年10月 77千円/トン

です。

一番安い時と高い時の差で

なんと423%上昇!

期間たった9年4ヶ月です。

結構なインフレです(汗)。

 

逆に意外なのは

高い高いと言われている今の鉄骨相場ですが

私が生まれた月とたった3千円/トンしか変わりません。

たった103.8%上昇。

私の記憶が確かなら

ビックリマン

 

 1976年生まれは皆、はまったビックリマンチョコ

当時、私はお小遣い500円だった小学生で

30円/枚を3枚買うのを楽しみにする可愛い男の子でした。

同じ小学生で箱買いする奴がいて衝撃を覚えたことがあります。

さらにシールだけ取って、お菓子を捨てるという異常事態が

田舎町で発生し、小学校で問題にもなりました。

 

ちなみに私が大好きだったキャラは

ヘッドロココ

 

何者かわかりませんが

何か強そうで好きでした。

 

中学生の時、6つ下の甥っ子に

シール頂戴と言われ

『ああ、全然いいよ!』

っとかなり動揺しながら大人の階段を上ったことを覚えています。

その後も甥っ子にいろいろ物やサービスを提供しましたが

彼からは何も頂いたことがありません・・・

 

 

話はずれましたが

今のビックリマンチョコが80円/枚(ウィキペディア調べ)

ですから266%上昇です。

 

それを考えると

鉄骨の価格変動は激しいが

今の金額が高すぎるかといいますと

ビックリマンチョコの上昇率から比べたらそうでもないという

私の意見でした。

あくまでも私見ですので責任はとれませんが・・・

 

少々長くなりましたので本日はここまでにします。

ということでコストについて次回も深めたいと思います。

編集長
著者:編集長

本コラムは、住まいづくりと不動産に関わるみなさんへお役立ち情報をできるだけわかりやすく更新しています。

こんな記事も読まれています: