1. TOP >
  2. 内池のコラム >
  3. 建さんのほろ酔いカクテル入門 第3夜
ストーリー
愛酒家 建

愛酒家 建

建さんのほろ酔いカクテル入門 第3夜

****************************************

建設会社に勤めるサラリーマンの建さんが、自宅のご近所にあるカクテルバーでマスター相手に夜な夜なカクテル談義。

****************************************

 

第3夜 「ギムレットは早すぎる」

 

室蘭市内のとあるカクテルバーのカウンター。19時。

 

建さん:「また来ちゃいました」

マスター:「いらっしゃいませ」

 

(カウンターに座って、もの欲し顔の建さん)

 

マスター:「いつのもやつにしますか?」

建さん:「それ、それ。頼みますよ」

マスター:「承りました」

1501067325241

マスター:「どうぞ、ギムレットになります」

建さん:(一口含んで)「仕事疲れに、このライムの酸味は、沁みるなあ」

マスター:「以前日本では、ライムの入手が国内では難しくて、代用品としてスダチでチャレンジするバーテンダーも
いたようですね」

建さん:「それはそれで、おいしそうな感じがするねぇ。ところでギムレットって、そもそもどういう意味なの?」

マスター:「二説あるみたいですけど。ギムレットは「錐」の意味で、このカクテルのシャープな味わいから来ている、
という説と、昔イギリス海軍軍医にギムレット卿という方がいて、艦内で配給されていたジンを将校たちがやたらと
飲むので、彼らの健康を心配したその軍医さんが、ビタミン補給も兼ねてライム・ジュースを混ぜて薄めて飲むことを
奨めたことから来ている、という説があるようですね」

建さん:「へー、大工道具の錐って、英語でギムレットっていうのかぁ。両方ともそれっぽい説だね。
ただ、ギムレット卿って人は、お酒をあまり飲まない人だったんじゃないのかなあ」

マスター:「どうしてそう思われるんですか?」

建さん:「だってさ、ギムレットにして飲んじゃったら、ジンがますます飲みやすくなって、ジンの消費スピードが
かえって速くなっちゃうと思うからさ(笑)酒好きじゃないから、気づかなかったんじゃないの」

マスター:「なるほど(笑)」

建さん:「じゃあ、ギムレット、もう一杯お代りもらおうかな」

マスター:「建さん、『ギムレットは早すぎる*』」

建さん:「意味違うし(笑)」

 

(続く)

 

*「ギムレットは早すぎる」:Raymond T. Chandler 「The Long Goodbye」の一節。

  原文は、”I suppose it’s a bit too early for a gimlet,”

愛酒家 建
著者:愛酒家 建

本コラムは、住まいづくりと不動産に関わるみなさんへお役立ち情報をできるだけわかりやすく更新しています。

こんな記事も読まれています: