1. TOP >
  2. 内池のコラム >
  3. 「住まい」じゃない方、内池建設
住まいづくり
くにひこ

くにひこ

「住まい」じゃない方、内池建設

当社は「内池建設」です。ウチイケ・ケンセツと呼びます。

本社が室蘭で、支店が札幌。札幌支店が今の体制になり、まだ10年余りしか経っていないため社名が浸透するのに
時間を要するのは当たり前。「イケウチ・ケンセツ」と、よく呼ばれるようです。

一方、創業の地、室蘭では名前が知られているので
名を間違えられることはありませんし、「しっかりした会社」という印象と共に
市民の方々に認知されていると感じます。

会社概要

当社は、比較的大型の建築物や法人の方々を対象とした「法人事業部」と
様々な改修事業をおこなう「エコアイズ事業」そして、私のいる注文住宅事業
「ハウス・クリエイション事業部」とで構成されています。

室蘭では結構有名なウチイケさんではありますが
こと住宅事業に限ると、ずっと気になっている点があります。
私の「ハウス・クリエイション事業部」は、とある会社と頻繁に間違えられるのです。

「株式会社 住まいのウチイケ」さんです。

人口8万人台の室蘭市、西胆振という道民限定の括りで19万人弱、
そこに比較的珍しい苗字を冠した建築会社ということで
「内池建設」さんと、「住まいのウチイケ」さんは同じ会社 という認識が広がっています。

たとえば、お客様がオープンハウスに来場されるとき、よく遭遇する場面としては
1) 前もウチイケさんのオープンハウスに来たことがあるんですよー
(当社は初来店で、住まいのウチイケさんに行ったことがある。)
2) 知り合いがウチイケさんで建てたんですー
(当社のお客様ではなく、住まいのウチイケさんで建てている。)
3)この間の室蘭民報に載ってましたよねー
(当社の社長ではなく、住まいのウチイケさんの社長が載ってました)
4)ハウスオブイヤーで表彰されていましたよね
(住まいのウチイケさんです)


大体、こういう話しから出会いが始まります。


分かりにくいので、今までの流れを図にすると

fb86da0192ea388d0e0493e2060f028a


d878dbe1f41fb605747de6a7c697c920

 

無理もない。


何なら入社するまで自分も一緒だと思っていました。

ちなみに、薄々気が付いていると思いますが、社長同士は兄弟です。


内池建設さんは、あらゆる建築をおこなう「総合建設業」
住まいのウチイケさんは、住宅に特化しています

とかく、法人向けの仕事をしている企業はお茶の間の認知度が低いものです。
一方、エリア内のあらゆる広告媒体を活用し
高性能住宅として数々の賞を獲得している「住まいのウチイケ」さんは地元では知名度抜群。
内池建設で住宅に携わっていれば「住まいさん」と思うのは自然な流れです。

なにより、もとは同じ会社でした。

もしかしたら触れてはいけないのかも知れませんが
その都度説明する手間を少しでも省きたいと、かねてより思っておりました。今がその時。
一つの組織が今や実際には資本関係もない、それぞれの会社となった経緯について
又聞きした情報を元に整理したいと思います。

1980年 株式会社内池建設 創業 (社長:内池眞人さん 現会長)
  住宅の設計施工から始まる

急成長する
  住宅だけでなく大型建築物も数多く手掛けるようになり総合建設業となる。

199×年 社長の次男(内池秀光さん)に住宅事業部「住まいのお手伝い」を任せる。

その後、株式会社住まいのウチイケとして独立する。

住宅は住まいさんに任せ、ゼネコン事業に特化する。

2006年 三男(内池秀敏さん)が社長に。内池眞人さんが会長に。
中期経営計画として「ゼネコン事業の充実」「札幌支店への投資」「住宅事業部の立ち上げ」を発表し
これが現在のハウスクリエイションとなる。


「ハウスクリエイション」は「住まいさんじゃない」のやり取りが産声をあげる。


すでに高性能住宅として名を馳せていた「住まい」さんに対して
デザインを重視し、コンセプトを分けてスタートした「ハウスクリエイション」
一見、違いが明確、実際、違うのですけど
人口8万台なら余裕でバッティングしますよね。


でも経緯をまとめると、そんな難しいことではありません。
これで今後は説明する手間も省けたと思います。

 


内池建設は、室蘭と札幌を拠点に、今や道南全域で建築のお仕事をしています。(阿寒や稚内、利尻でも! *H29年8月現在)

大型建築物から住宅まで、新築からリノベーションまで、あらゆる建築を提供しています。

わたしたちハウスクリエイションは、そんな内池建設の一事業部です。

室蘭市東町イオンさんそばのモデルハウスから、多くのお客様に出会い、ひとつひとつのデザインを積み重ねてきました。

_C1Y8909_

 ie

 
この姿勢は今も変わりません。


そして現在、デザインに性能をプラスすべく 「FPパネル」 の代理店となりました。
断熱材にFPウレタンパネルを採用することで
・断熱性
・耐震性
が向上、
・壁内無結露50年保証
をも実現しました。

FPの家・新書体(アースカラー)

fig63

ハウスクリエイションは、デザイン×断熱性能の両立が可能です。

堂々と自慢しますが

加盟していきなり 「FPのいえデザインアワード2017 審査員特別賞」を獲ってしまいました。

デザインアワード2017

デザインアワード2017審査員特別賞

 

ときどきポストに投函されるかも知れないこのチラシは、わたしたちハウスクリエイションです。

20170818203006_00001

関係者が地味にインスタを更新している、わたしたちハウスクリエイションです。

#HOUSECREATION

 

IMG_2293

「住まいさん」と混同されない日が来るまで何度でも言おう、わたしたちハウスクリエイションです。

****************************

それとは別に、

個人的に一つ疑問が。

社長同士の仲が良いのはなぜ?


こういうケースは大抵、兄弟喧嘩してるか、何かで揉めるか、身内内の問題とセットだと
テレビドラマで勉強してきたのですが、そうではない。むしろ仲が良いという謎。

おかげで現場はやりやすいです。有難うございます。

この記事のまとめ
ここにまとめが入ります。
くにひこ
著者:くにひこ

本コラムは、住まいづくりと不動産に関わるみなさんへお役立ち情報をできるだけわかりやすく更新しています。

こんな記事も読まれています: